葛飾区サッカー連盟オフィシャルサイト

葛飾区サッカー連盟のオフィシャルサイトです。
最新情報、試合情報などを配信していきます。

2011年04月18日

 先月11日の東日本大震災後、東京電力管内では、電力需給が厳しい状況にあり、計画停電の実施のほか、企業、国民への節電の協力が呼びかけられ、総合スポーツセンター体育館を含む体育施設で、電力需給の逼迫する夕方以降の営業を、当面の間休止しておりました。
 しかし、今般、いくぶん電力需給が落ち着き、体育施設の夜間利用再開の要望も増えてきたとのことで、施設を利用する区民の皆様に対して、区災害対策本部会による前年比-30%節電に配慮した上での正常化方針の決定を踏まえ、下記のとおり今後の施設利用対応をするこことなりました。
 なお、今後も電力需給状況の変化により利用休止をすることもありますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します。

1施設名
 (1)総合スポーツセンター体育館・エイトホール及び水元体育館
    平成23年4月28日(木)から、6月末(予定)まで休館日以外
    夜間利用を再開

 (2)野球場・陸上競技場・テニスコート(夜間照明装置のある)の屋外施設
    平成23年4月29日(金・祝)から、6月末まで
    土・日・祝日のみ夜間利用再開 (平日夜間は引き続き休止します)

ご挨拶
 この度、川本前会長のご勇退を受け平成27年度総会におきまして会長に就任いたしました石川でございます。
葛飾区サッカー連盟は1962年(昭和37年)に設立されました。この伝統ある組織の会長という大役をお引き受けすることになり、改めてその責任の重さを痛感しております。微力ではありますがこの重責を全うするため関係各位の一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。
 川本前会長は1979年(昭和54年)にご着任以来35年の長きにわたり本連盟の発展の為に、実に様々なご尽力を続けてこられました。今後は名誉会長として温かいご指導・ご支援をお願い申し上げる次第であります。
 現在、生活の多様化が進みスポーツ人口の減少傾向のなかで生涯スポーツの振興、健康体力作り、運動機能の強化などの要望も多岐に渡っています。一方、行政においてもその財政が厳しくなっている中で事業の見直しが進み公共施設の運営でも改革が求められておりますが、サッカー環境の充実という観点から天然芝・人口芝・照明設備などの整備拡大の促進を関係機関に働きかけ続けていきたいと思います。またサッカーファミリーの底辺拡大を推進し組織体制の強化に努めてまいります。
 やらなければならないことは山ほどありますが、初心を忘れず目的を見失わずサッカーを愛する皆様と手を携えて歩んでいきたいと思います。このことがサッカーを通じて人と人の絆を強め社会に貢献する活動に繋がるものと確信しております。ひきつづき力強いお力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

葛飾区サッカー連盟 会長 石川 一郎
記事検索
グランド使用状況
グランド使用状況はこちらへ